曇天どんてん
衰残、憔悴、零落、失敗。これほど味い深く、自分の心を打つものはない。暴風に吹きおとされた泥の上の花びらは、朝日の光に咲きかける蕾の色よりも、どれほど美しく見えるであろう。捨てられた時、別れた後、自分は初めて恋の味いを知った。平家物語は日本に …
作品に特徴的な語句
湧出わきいだ おろ いず じょ ひやや ロータス 神女ナンフ たと しん なつか もえ あが うごか 小暗こぐら そよ 暴風ぼうふう 森中もりじゅう さむ 霊廟おたまや 高箒たかほうき 何処いずこ にわ 共々ともども あやう いと くち いわ 巴里パリー のち あや かなし 悲愁ひしゅう 手向たむけ おそ 歓楽よろこび 泥濘でいねい うか もや ながめ ふん 角張かどば わか ちかづ 野鴨のかも あいだ 一層いっそう 一時いっとき 不忍しのばず 不朽ふきゅう うち 人家じんか もっ 何方どちら うなが 光沢つや ところ 到底とうてい つか 半過なかばす あじわ ささや 哀傷かなしみ くちびる 嘆賞たんしょう 地湿じしめ たま ねぐら 変遷へんせん 外套がいとう かな ごと 小径こみち 小暗おぐら 屈辱くつじょく みき 幽婉ゆうえん 幽愁ゆうしゅう 床几しょうぎ 度毎たびごと 心持こころもち こた 思付おもいつ 愚昧ぐまい 憔悴しょうすい 憧憬どうけい たわむ 手甲てっこう 打仰うちあお 打眺うちなが 捨石すていし つか
題名が同じ作品
曇天 (新字新仮名)宮本百合子 (著)
曇天 (新字旧仮名)原民喜 (著)