エミリアンの旅エミリアンのたび
ヨーロッパから西アジヤにかけて、方々にちらばつてる一つの民族があります。何かの職業について、一つ処に住居を定めてる者もありますが、多くは、各地をわたり歩いてる流浪の者です。それで、数は少いけれど、到るところに見かけられます。彼等は自分でロマ …
作品に特徴的な語句
微笑ほほゑみ にほ 手向てむか にぎは たま あは つかま ふくろふ ぢい をどり ほほ ねがひ びと 住居すまひ 使つかひ わづ はじま 悪戯いたづら 振舞ふるまひ とひ 真白まつしろ かご かんがへ おこ 躊躇ちうちよ 一呑ひとのみ 上人しやうにん 上衣うはぎ 不具かたは 井戸ゐど 仕切しきり とげ 卑怯ひけふ かへ 合鍵あひかぎ 喝采かつさい うはさ 尻尾しつぽ きれ いほり うらみ 恰好かつかう めぐみ 明日あした 智恵ちゑ しば 河獺かはうそ 泥坊どろばう あかり 生捕いけどり 真暗まつくら 真赤まつか 羊飼ひつじかひ 葡萄ぶだう 蝋燭らふそく 蝙蝠かうもり 見廻みまは だれ にぎや 雨樋あまどひ 鵞鳥がてう 三度みたび うち おれ ぼく ところ わか いた 効目ききめ 卓子テーブル たた つぶや せき 咳払せきばら くちびる のど うそ すわ ほこり やつ ばあ うれ へや うち しり かが 山奥やまおく 山羊やぎ がけ あらし いち 幾度いくたび 張幕はりまく 彼等かれら