“脛押”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すねお66.7%
すねおし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というわけで、こういう具合に、脛押しをやらされる。どんなに痛くても、痛いといってはいかん……
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
これはいけない、暖簾脛押しと思いましたが、わざと苦笑をかくして
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
脛押か。』と轟大尉めたが、けぬ大尉何程やあらんとじく毛脛はして、一押したが、『あた、たゝゝゝ。』と飛退いて
大尉閣下御禮一番脛押りませう。』