“輙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たやす35.0%
すなは25.0%
すなわ15.0%
すなはち5.0%
すなわち5.0%
やや5.0%
タチマ5.0%
タヤス5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その恋のいよいよ急に、いよいよになりれる時、人の最も憎める競争者の為に、しかもく宮を奪はれし貫一が心は如何なりけん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
僕も三度ほどされたが、柔能く剛を制すで、高利貸には美人が妙! 那彼に一国を預ければちクレオパトラだね。那彼には滅されるよ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
文壇の風潮たとへば客観的小説を芸術の上乗なるものとなせばとてひてこれに迎合する必要はなし。作者ちおのれのになきものを書かんとするなかれ。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
數分ならざるに、群獺競逐うて、けず、執得ず。鯔魚くものは徐景山
聞きたるまゝ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
また大婚式記念郵便切手の発行せられし時都人各近鄰の郵便局に赴き局員にひて、記念当日の消印を切手にせしむ。南岳春画を描きたる絵葉書数葉を手にし郵便局の窓にりて消印を請ふ。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
彼常に「不感無覚」を以て称せらる。世人もすれば、この語を誤解してく、高踏一派の徒、じて感情を犠牲とす。これ既に芸術の第一義を没却したるものなり。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
また中国の他の書物には「其葉散生シ、末ハ本ヨリ大ナリ、故ニ風ニ遇テチ抜ケテ旋グル」とも、また「秋蓬ハ根本ニ悪シク枝葉ニ美シ、秋風一タビ起レバ根且ツ抜ク」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
並びに、内に入りて供奉す。唯、禰義等の申す辞は、く人に知らしめず。後、長谷天皇の崩ずる時に及びて、比自支和気のるに依り、七日七夜御食を奉らず。此に依りて、「阿良備多麻比岐」。