新ハムレットしんハムレット
はしがき こんなものが出来ました、というより他に仕様が無い。ただ、読者にお断りして置きたいのは、この作品が、沙翁の「ハムレット」の註釈書でもなし、または、新解釈の書でも決してないという事である。これは、やはり作者の勝手な、創造の遊戯に過ぎな …
作品に特徴的な語句
あく あた など 思召ぼしめ まっと ただ 一寸いっすん がら 松籟まつかぜ あお うら 茶碗ぢゃわん ほまれ 大鼾おおいび 道化どけ りき のど めん じゃ きよ ため ささ 甲斐がい 目下めした 根元こんげん 朔風きたかぜ 老爺ろうや 情緒じょうちょ ほうむ ろう 天晴あっぱ 嘲笑ちょうしょう きん 入牢にゅうろう 鮨詰すしづ 駈引かけひ ごろ 驕慢きょうまん 自惚うぬぼ 臆病おくびょう 飜訳ほんやく 臆測おくそく 脊丈せたけ もろ 聡明そうめい 食慾しょくよく 羸弱るいじゃく 饗宴きょうえん 首肯うなず すが 綺麗きれい たま 紫蘭しらん 素朴そぼく 紅唇こうしん こも ふし はく 駄々だだ 筋道すじみち 駄目だめ はず うかが 穿鑿せんさく 空箱あきばこ そら 稽古けいこ たね 福音ふくいん いそ 磊落らいらく 矢鱈やたら 矢庭やにわ こま たか はなは 理窟りくつ はと 猫脊ねこぜ ねこ むじな さわ 父子おやこ しか 濡衣ぬれぎぬ