“不斷着”の読み方と例文
新字:不断着
読み方割合
ふだんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其日二人して買物やうとふので、御米不斷着へて、をわざ/\らしい白足袋穿いたものとれた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
急信は××××××午後いたので、民子くなつてつと、不斷着繻子引緊めて、つか/\と玄關へ。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
このつて、日脚がさつと障子した御米不斷着へ、肩掛とも、襟卷ともかない織物つてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)