“不斷”の読み方と例文
新字:不断
読み方割合
ふだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しながらする青年の一勘次不斷注目らない。れはおつぎの姿ることが出來ないからである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
大𢌞りにはるけれど、呉服橋したに、バラツクにんでだから、不斷落着家さんだし、悠然として、やがてよう。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やおのやうなおつと來いならばいけれど、不斷つゝしんでお出遊ばすだけにしみるからう
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)