“邀”の読み方と例文
読み方割合
むか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛受勝助も、いちどは身をして、尾撃の敵をえていたが、ふたたび主人の駒の後を追い、勝家のうしろから、なお叫んでいた。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
〔譯〕心は現在せんことをす。事未だ來らずば、ふ可らず。事已にかば、ふ可らず。かに追ひ纔かに邀へば、便ち是れ放心なり。
北條時宗え撃って大いにったことは、そ歴史を知るほどの人は所謂元寇」として、じている所である。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)