“古渡唐桟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こわたりとうざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古渡唐桟こわたりとうざんの羽織をそろい為立したてさせて、一同にあたえたのもこの頃である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
たしかに入れておいたはずの古渡唐桟こわたりとうざんの財布が影も形もないのである。