“あずか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
77.9%
21.0%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほんに、今日こそ、氷室朔日じゃ。そう思う下から歯の根のあわぬような悪感を覚えた。大昔から、暦はる道と考えて来た。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
だがその行先は秘中の秘としてることとし、その夜更、大学の法医学教室に起った怪事件について述べるのが順序であろう。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
其兄弟を怒る者は(神の)審判り、又其兄弟を愚者よとう者は集議(天使の前に開かるる天の審判)に干り
「いえ、り物は渡したんだぜ。」
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)