“今業平”の読み方と例文
読み方割合
いまなりひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部下の風紀取締になると公言して待合に入りびたる今業平を電気局長に引っぱり込んだ。
得んとせしが今業平と世評ある某侯爵はに子爵の許諾
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「八丁荒しの今業平だ。知らなくつてどうするものだ」