“にく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
37.9%
24.5%
18.5%
11.1%
4.1%
1.2%
筋肉0.4%
0.3%
憎悪0.3%
0.3%
肉体0.3%
二句0.1%
牛肉0.1%
獣肉0.1%
肉類0.1%
肉體0.1%
0.1%
0.1%
魚肉0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野を焼くをむ発想に到らないはずはない。「今日はな焼きそ」の一種叙事詩化した以前、既に幾多の怨み歌が出てゐたに違ひない。
土部浜川、横山——らしや、三郎兵衛、憎らしや、広海屋——生き果てて、早う見たい冥路の花の山。なれど、死ねぬ、死ねぬ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「いえ」と女中は言ひさうに一寸膝の上を見つめた。「だ申し兼ねますが、乃木さんのお手紙を二本ばかし戴かれますれば……」
べにをくはへてんできますが、そのさなについた行衛見定めるのです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
アポロン琴を彈じ歌をうたひてこれに勝ち、その僭上をむのあまりこれが身の皮を剥ぐ(『メタモルフォセス』六・三八二以下參照)
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
聖母のわがあだし心を懷けるをみ給はむかとあやぶみ、聖母に向ひて罪を謝し、あはれなる子に慈悲の眸を垂れ給へと願ひき。
吃驚するほど筋肉の引き緊った犬というのも見たが、なかなか良い犬であった。それから一行はクリミヤ産の牝犬を見に行った。
「蘇我臣入鹿深く上宮の王等の威名あり、天下に振ふをみて、独り僭立を謀る。」等の言葉が書紀にみえる。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
それを御本家では平素憎悪んでいるということでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
(六四)君子りてせられざるをむ。(六五)賈子く、『(六六)貪夫し、(六七)烈士し、(六八)夸者し、衆庶(六九)む』
この一句二句は、『にあらぬ。ならぬ』といふのがほんとうなのです。でなく普通文章なら、さうかねばとほりません。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
一句二句景色は、西行にそののあることがはれます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
「三田さんは御酒でしたね。牛肉ですか、かしわですか。かしわの方がいゝでせう。は臭くていやだねえ。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
敬太郎がどんな味がすると聞くと、森本はよく思い出せないが、何でも魚肉獣肉の間ぐらいだろうと答えた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
食料品より以外肉類を一切置いちゃイケナイってえ規則になっているんだッてさあ……だからね……折角ここまで来ているのをホントにお気の毒でしようがないけど
支那米の袋 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あなたの肉體の一つ/\の原子は私にとつて大事なものです。苦しんでゐても、病んでゐても、大事なものです。あなたの心は私の寶です。そしてれても矢つ張りそれは私の寶です。
ハハハハハ、お前を前に置いてはちと言いい話だがナ。実はあの猪口は、おれが若かった時分、アア、今思えば古い、古い、アアもう二十年も前のことだ。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
左の第二指に出来た水ぶくれが痛んで音を出しい。
秋風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
そこへ塩気がつく、腥気がつく、魚肉迸裂て飛んで額際にへばり着いているという始末、いやはや眼も当てられない可厭めようで、叔母のする事はまるで狂気だ。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)