“繰返々々”の読み方と例文
読み方割合
くりかへし/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御助け下されるのみならず往々落付まで御世話下さるとは誠に冥加至極有難き仕合なりと繰返々々夫婦の者は伏拜し涙にたりけり是より半四郎は國元へ出立の用意に及び日々土産など調へしが彌々明日は出立せんとれを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)