“くらゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
95.7%
2.2%
寶座1.1%
御座1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると其時夕刊紙面ちてゐた外光が、突然電燈つて、何欄かの活字意外んでた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
わがおちいらんとする罪を洗ひて我を淨むるが故に知るべし、長く約し短く守らば汝高きにありて勝利ふることをえん —一一一
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
汝仰ぎてかの最高より第三に當る圓を見よ、さらば彼をその功徳によりてえたる寶座の上にて再び見む。 六七—六九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
あゝ良日に生れ、戰ひ未だ終らざるに恩惠に許されて永遠の凱旋の諸〻の寶座を見るを得る者よ 一一五—一一七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
〔いよ/\美しく〕ベアトリーチェは天より天と、神の御座に近づくに從つていよ/\その美を増すなり
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)