“圈”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
42.9%
をり28.6%
けん28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくの如く、これらの不朽の薔薇の二の花圈はわれらの周圍をめぐり、またかくの如く、その外の内の圈と相適ひたり 一九—二一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
請ふ告げよ、ジョヴァンニの羊のはその頃いかばかり大いなりしや、またその内にて高座に就くにはしき民は誰なりしや。 二五—二七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
徳そなはれる淑女よ(およそ人小さき天の内なる一切のものに優るはたゞ汝によるのみ) 七六—七八
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)