“圈點”の読み方と例文
新字:圏点
読み方割合
けんてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“Nonsense”といふ言葉には圈點を附けて、ノンセンスと假名をも振つて大事さうに記してゐる。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
但し書には圈點を打つて、弟に送つた。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
(ここに氷峰のちよぼ圈點がついた。)
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)