“外妾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がいしょう40.0%
めかけ20.0%
かこい10.0%
かこいめ10.0%
かこいもの10.0%
ぐわいせふ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“外妾”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.6%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その女はある顕官の外妾がいしょうで、川上はその女を、上野鶯渓うぐいすだにの塩原温泉に忍ばせてあるという事までが知れた。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
しかし倉地には二人ふたりほどの外妾がいしょうがあると付け加えて書いてあるのを見て、ほんとうにあなたをお気の毒に思いました。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
芳太郎の父親が死んでから、父親の生きているうちに外妾めかけから後妻に直ったお袋が、引っ張り込んで来た今の親父を、始終不快に思っている芳太郎の心持も呑み込めた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
所で、今ま貴女のおほせられた金山と言ふ大名華族の老人が、其頃小米こよねと申す婦人を外妾めかけの如く致して居たので、雇主やとひぬし——其の芸妓屋げいしややに於ては非常なる恐慌きやうくわうきつ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
さてこそ彌々いよ/\學士がくし外妾かこいか、よしや令孃れいぢようぶればとておさとはいづれれたもの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
女「それは男の働きで、たま芸妓げいしゃを買うか、お楽みに外妾かこいめをなさるとも、何とも云やアしないけれども、旦那様ばかりは余りと思うのは、現在私の血を分けたいもとじゃアないか」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ハイ今開ますと返事して手燭をつけるとか燐寸まっちを探すとかに紛らせて男を逃します逃した上で無ければ決して旦那を入れません(荻)それそうだ、ハテナ外妾かこいもので無し
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
兎に角自分のうちには羅紗緬類似の女は一人も居ません(荻)イヤサ家に居無くとも外へかこって有れば同じ事では無いか(大)イエ外へ囲って有れば決して此通りの犯罪は出来ません何故というまず外妾かこいものならば其密夫みっぷと何所で逢います(荻)何所とも極らぬけれどそう
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
せふを遇することの口にするだもいまはしき外妾ぐわいせふ同様の姿なるは何事ぞや。
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)