“かこい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
67.6%
幕囲2.9%
四畳半2.9%
囲墻2.9%
囲幕2.9%
外妾2.9%
板囲2.9%
2.9%
繞囲2.9%
2.9%
茶室2.9%
貯蔵2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
建武中、飛騨の牛丸摂津守の居城敵兵に水の手を切られ苦しんだ時、白米で馬を洗い水多きように見せて敵を欺きを解いて去らしめた。
それかあらぬか、彼のいる幕囲に近いところから、突如として、大太鼓の音が、勇壮な階調をもって、つづけさまに鳴りとどろいた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、附近の幕囲、小屋の内から、わらわらと彼のすがたを追って来て、そして遠くにうずくまり合っていた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その時は、四畳半ではありません。が、炉を切った茶のに通されました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
囲墻等によって、彼れの土地の生産力を増進せしめる気になるならば、彼は、地主に支払われる実際の地代に比例してではなく、土地の実際の年々の価値に比例して、救貧税を納入するであろう。
「先にお着きのお荷駄は、すべて積み終り、御船中のお囲幕も、万端、ととのうておりますれば」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こそ彌々學士外妾か、よしや令孃ぶればとておはいづれれたもの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
もとの板囲のうちへ入って、干飯俵軍梱のあいだに熊楠は又眠ってしまった。魚住十介たちは、ゾッとした気持に襲われながら
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
肥後などでというのは構のことかと思うが、実際はまたその外廓すなわち麓に当る区域をさしている。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
院内とはなお垣内というが如きもので、一定の繞囲の中の住人の義である。
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
に帆布や蒲団のような柔かなものをかい、帆柱がフワリと跳ねかえって海へ落ちるように仕掛け、さあいま倒れるというとき、すばやく控綱を切る。
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
玉の茶室った。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仁左衛門さん大欅が春の空をでて淡褐色に煙りそめる。雑木林のが逸早く、はやゝ晩れて、芽をきそめる。貯蔵里芋も芽を吐くので、里芋を植えねばならぬ。月の終は、若葉盛季だ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)