“白金色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はくきんしょく40.0%
プラチナいろ40.0%
プラチナ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空の菫がかった日光と白金色はくきんしょくの月は次第にうすれて行った、そしてかの黎明の色を前触するような渺々びょうびょうたる無色の天地に変って来た。
麦の穂は一面白金色はくきんしょくに光り、かわず鳴く田は紫雲英れんげそうくれないを敷き、短冊形たんざくがた苗代なわしろには最早嫩緑どんりょくはりがぽつ/\芽ぐんで居る。夕雲雀ゆうひばりが鳴く。日の入る甲州の山の方からちりのまじらぬ風がソヨ/\顔を吹く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
贅沢なものらしい黒茶色の毛皮の外套がいとうを着て、その間から揺らめく白金色プラチナいろの逞ましい時計のくさりの前に、細長い、蒼白あおじろい、毛ムクジャラの指をみ合わせつつ
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一人ひとりづ目覚めて船甲板ボウトデツキを徘徊して居ると、水平線上の曙紅しよこうは乾いた朱色しゆしよくを染め、の三ぱうには薄墨うすずみ色を重ねた幾層の横雲よこぐもの上に早くも橙色オランジユいろ白金色プラチナいろの雲の峰が肩を張り
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そうして又、白金色プラチナに冴え返っている窓の外の月光を見た……………………………………………………………………………。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)