“黄金白金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こがねしろがね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄金白金”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
フーッと吸い込むこの部屋の空気のひとつひとつさえが小圓太には黄金白金こがねしろがねにもまさるようおもわれた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
よし、もう一度調べてみよう。それでも音色に変りがなかったら、十万二十万は愚かのこと、百万にもあまる黄金白金こがねしろがねが、あの別荘にあるものと、見究めたところで間違いはねえ。いよいよそうなら忍び込み、奪い取って一かま起こし、もうその後は足を洗い、あの米八でも側へ引き付け、大尽だいじんぐらし栄耀栄華、ううん、こいつあ途方もねえ、偉い幸運にぶつかるかもしれねえ。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)