“白金襴”の読み方と例文
読み方割合
しろきんらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
範宴のすがたを見ると、白絹の法衣白金襴袈裟をかけ、葡萄のしずくを連ねたような紫水晶の数珠を指にかけていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白金襴袈裟がわけて背をたかく見せている範宴のすがたが、式体する吉水門の人々に身を低めつつ静かに奥へとおった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あの、法師の顔は、どうじゃよ。真面目くさって、白金襴法衣をまとうて清浄めかしているけれど——」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)