“紫衣金襴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しいきんらん50.0%
しえきんらん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山門の楼上、正面には、椅子り、紫衣金襴袈裟をつけた老和尚のすがたが見えた。いうまでもなく一山の長老快川国師である。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして僧はいずれも薙刀を持ち、武士はもちろん大太刀を横たえ、また、これらのかと思われる一人の男は、輿をつれているが、それには乗らず、紫衣金襴の僧正すがたをほこらかに、でんと