“紫衣束帛”の読み方と例文
読み方割合
しえそくはく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで宋主(真宗)は日本の国体に嘆美わず、又寂照の風神才能に傾倒の情を発して、にこれをび、紫衣束帛を賜わり、上寺にとどめ置かせたまいて号を円通大師と賜わった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)