“金襴緞子”の読み方と例文
読み方割合
きんらんどんす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それは仕事着だよ、錢形の、職人の袢纒と同じことだ。夜盜や押込みが、金襴緞子も着飾つては行けまいぢやないか」
そこを打ち過ぎ見たれば、金襴緞子緋紗綾緋縮緬、とんとんちりめん、とんちりめん、………
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
金襴緞子のオビしめて
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)