“緋紗綾緋縮緬”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひさあやひぢりめん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“緋紗綾緋縮緬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこを打ち過ぎそばたな見たれば、金襴緞子きんらんどんす緋紗綾緋縮緬ひさあやひぢりめん、とんとんちりめん、とんちりめん
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
幸子は元日のひる過ぎから三味線を持ち出して、爪弾つまびきで「万歳」のおさらいをして、三箇日の間ずっと続けたが、しまいには悦子も聞き覚えて、「緋紗綾緋縮緬ひさあやひぢりめん、………」のところへ来ると、
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)