“紗綾羽二重”の読み方と例文
読み方割合
さやはぶたえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お浪の云う通り損料を借りて紗綾羽二重を着て往ってもお悦びなさる旦那じゃねえ、損料を着て往けば立派だが、その時限りのことで、って来れば直ぐなくなって仕舞うから
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)