“紗綾形編”の読み方と例文
読み方割合
さやがたあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紗綾形編みの篠垣に、柳を抱いた女性的な門づくり。どうしてもしかるべき白拍子の家でもあるか、さもなくば仮粧坂や小磯大磯あたりには多い茶屋といった屋構えだった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)