“更紗形”の読み方と例文
読み方割合
さらさがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生の食卓には常の欧洲人が必要品とまで認めている白布がっていなかった。その代りにくすんだ更紗形を置いたがいっぱいにさっていた。
ケーベル先生 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
友「へい/\/\御進物にはこれは飛んだお見附も宜しく、出した処も宜しゅうございます、この方は二段口になって、これは更紗形で、表は印伝になって居りますから」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)