“古代更紗”の読み方と例文
読み方割合
こだいさらさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煙草入だの、唐桟小片だの、古代更紗だの、そんなものを器用にきちんと並べ立てて見世を張る袋物屋へでも行って、わざわざ注文しなければ
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのこちら側の肘掛椅子に、最前の女優髷の女が被布を脱いで、小米桜を裾模様した華やかな錦紗縮緬の振袖と古代更紗の帯とを見せながら向うむきに腰をかけている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
麻布のお宅というのはね、あのの居間の天井は、古代更紗で張ってあるのですとさ、それが一何円てしようっていうのだから剛勢じゃありませんか、何しろ女に生れなけりゃ駄目ですね
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)