“金襴傘”の読み方と例文
読み方割合
きんらんがさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気がついてみれば、自分はせまい一渓路に立っており、渓流をへだてた彼方、の如き絶壁の中層には、紅羅金襴傘を中心に、一座百人以上な人影が立ちならんでいて、上には
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)