“歩板”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あゆみいた50.0%
あゆみ33.3%
あゆび16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“歩板”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
立籠む霧がえんなる小紋を描いたような影が、私の袖から歩板あゆみいたと立って、立つと思うと、つかつかと舞台へ上った。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かれ木曾きそ棧橋かけはしを、旅店りよてんの、部屋々々へや/″\障子しやうじ歩板あゆみいたかべつてわたつてた……それ風情ふぜいである。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
——浜人夫がタオ/\としわむ「歩板あゆみ」を渡って、艀から荷降しをしていた。
工場細胞 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
金五郎たちが若い時分にやった、小籠を両方にふりわけ、歩板あゆみを上下する原始的荷役は、大正七年ごろから、すべて、この、大籠をウインチでまき上げる機械荷役に変化しているのだった。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
源内先生が、宙乗ちゅうのりをしていられる。風鐸ふうたくを修繕するだけのためだから、足場といっても歩板あゆびなどはついていない、杉丸すぎまるを組んだだけの、極くざっとしたもの。
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)