工場細胞こうじょうさいぼう
金網の張ってある窓枠に両手がかゝって——その指先きに力が入ったと思うと、男の顔が窓に浮かんできた。 昼になる少し前だった。「H・S製罐工場」では、五ラインの錻刀切断機、胴付機、縁曲機、罐巻締機、漏気試験機がコンクリートで固めた床を震わしなが …
作品に特徴的な語句
ぶち 美人べっぴん 調子リズム おとな とど はし ばつ 先頭トップ ひる 工場ここ 滑車プレー よっ 割合パーセント 蒼白まっさお 見張ピケット ざま 機構しくみ こし たくま うしろ あや 如何いかが 女給ウエイトレス はず 汽罐ボイラー 穿うが ぬぐ こぞ くさ 一噛ひとかじ 打鋲リベッティング すわ 蒼白そうはく さぐ 職場もちば とっ 白首ごけ 彼奴きゃつ ゼロ 廃品アウト まち すで けつ ひら うかが わたし 失敗しま ふて 鉄敷かなじき つる とき かまど 淫乱すき しま 氷水こおり 流行はやり 口吻こうふん あやう 歩板あゆみ しゃが 禿はげ もら 独言ひとりごと 窓枠まどわく 鰹節かつおぶし 猥談わいだん もろ 笑談じょうだん ひじ 職長おやじ 石鹸せっけん 編輯へんしゅう くく 繃帯ほうたい まと 綺麗きれい 直接じか ろく 硝子ガラス はず ちが 疳高かんだか 糊付のりづ 盗汗ねあせ