“一噛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとか66.7%
ひとかじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一噛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
犬はただ一噛ひとかみに鬼の若者を噛み殺した。
桃太郎 (新字新仮名) epub / 芥川竜之介(著)
「これは噛めという犬だ。この犬を相手にしたが最後、どんな恐しい鬼神おにがみでも、きっと一噛ひとかみに噛み殺されてしまう。ただ、おれたちのやった犬は、どんな遠いところにいても、お前が笛を吹きさえすれば、きっとそこへ帰って来るが、笛がなければ来ないから、それを忘れずにいるが好い。」
犬と笛 (新字新仮名) epub / 芥川竜之介(著)
――じゃ、こっち側を一噛ひとかじりしない?
工場細胞 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)