“まげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
88.8%
円髷3.3%
丸髷1.5%
1.5%
1.2%
圓髷1.2%
0.6%
0.3%
曲入0.3%
馬毛0.3%
0.3%
髷節0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女たちはすべて無言で、二人のを解き、汗が出てくると、その柔らかい手で、全身の皮膚を巧みに擦りながら、垢をみおとした。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ね、ただ、お円髷の青い手絡ばかり、天と山との間へ、青い星が宿ったように、晃々と光って見えたんですって。
やや傾けたる丸髷の中差の、鼈甲の色たらたらと、打向う、洋燈の光透通って、の月も映ろうばかり。この美人は、秋山氏、蔦子という、同姓の令夫人。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
致すべき者にず是には何かの有べき事なり吉三郎盜みしにもせよ云號なれば此方のなり是を訴へんは此方ならずやて容し給へとけるを利兵衞少しも聞き入ず何を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
試験所前のものや折箱える手工業を稼業とする家のれの小座敷を借りて寝起きをして、昼は試験所に通い、夕飯後は市中へ行って、ビールを飲んだり
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
土手れんとして、あかるきめぐりあたり、しき五大力くすぐれたるに、衣紋差向へる、二人ありけり、一人高尚圓髷ゆひ、一人島田
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
助「はこれがありますから、髪もって来ましょうかねえ」
び家を東京にすに及び、先生ちにられ、いわるるよう、鄙意、君が何事か不慮あらん時には、一臂の力を出し扶助せんと思いりしが
腸窒扶斯りたるとき、先生、られ、枕辺にて厚く家人に看護心得され、その上、予がからきたる精米あり、これは極古米にして味軽く滋養も多ければ
「もう可いからお泣きでない。通貨が無いからそれを曲入て、人身御供を下げておいで、仁三が何か言句をいおう。謂ったら私の名をいいな。」薄着になりしの厚さ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
机の曳出しはひき抜いて床へ投げだし、ベッドの毛布団はメスで縦横に切り裂かれ、馬毛の詰めものの間からスプリングが飛びだしている。
ノア (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「八、皆んな呼んで來るが宜い。この吊臺の中に無かつたら——武士なら腹を切るところだが、俺はそんな痛いことが嫌ひだから、せめてでも切つてお詫をしようぢやないか」
二人はそんな事を話しながらブラリブラリと神田へ——赤トンボが八五郎の野暮な髷節をかすめてスイスイと飛びます。
丸味を帯びた細い眉、切長で涼しくて軟らか味のある眼、少し間延びをしているほど、長くて細くて高い鼻、ただしだけは刷毛先を散らし、豪勢に作ってはいるが、それがちっとも似合わない。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)