“黒川八十松”の読み方と例文
読み方割合
くろかわやそまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまに、黒川八十松団軍次郎、そのほかの者が、十二本の槍をそろえて、ドッ——と咲耶子の前後にかかる!
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ばかをいえ、おれたちは大久保長安さまからたのまれて、それとなくまえから野武士をよそおい、このへさぐりに入っている黒川八十松団軍次郎という者、どうだをつぶしたか
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが空にもクロは見えなかった! 裏切り者の黒川八十松め、あれが、自分によって飛行変現自在につかわれるだと知って、がしたのだ! をきって空へはなしてしまったのだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)