“八十吉”の読み方と例文
読み方割合
やそきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或る時はそれを書きとどめておきたいなどと思つたこともあつて、ここに記入する『八十吉』の話も父に関するその想出の一つである。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
菊は目疾のためにを損ひ、京の家に厄介になつた。力士岩木川の京に生ませた子が、後の横綱小錦八十吉である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
戸沢がこういって勧めた時、五百は容易にこれに耳をけた。五百は戸沢のりを喜んでいたからである。戸沢惟清、通称は八十吉信順在世の日の側役であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)