“八十路”の読み方と例文
読み方割合
やそじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大納言殿も来年は更に齢を加えられ、いよ/\八十路に近くなられるとるにつけても、縁につながるわれ/\共は慶賀に堪えない。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
死に近づいた頃、弟子共に歌をよませ、自分も歌をよんだが、其歌は随分増賀上人らしい歌である。「みづはさす八十路あまりのの浪くらげのにあふぞうれしき」
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
清水につくと、魑魅が枝を下り、茂りの中からわれたように見えたが、早く尾根づたいして、八十路に近い、脊の低い柔和なおさんが、片手に幣結えるを持ち、はついたが、に来合わせて
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)