“三十路”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそじ55.0%
みそぢ45.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、廊の外から、ことばの途切れをに入ってきた静かな人がある。まだ三十路がらみのきれいな尼御前であった。清子の横へ、手をつかえると。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三十路を越えても、れても、今もその美しさ。片田舎の虎杖になぞ世にある人とは思われません。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
診察せし窒扶斯患者感染して、しや三十路にたらぬざかりを北海道しぬ、便りにこれをきしお
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ここの別当橋立寺とて聞けるはこれにやと思いつつ音ない驚かせば、三十路あまりの女の髪は銀杏返しというに結び、指には洋銀の戒指して
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)