“三十”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みそ27.3%
みそじ18.2%
みそぢ18.2%
トランテ18.2%
さんじふ9.1%
ちやうど9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三十”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
つきほなくかなしかるかなかがなべて年のへだたりは三十みそあまりいつ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
つきほなくかなしかるかなかがなべて年のへだたりは三十みそあまりいつ
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
向う側の垣根に添うて、二本ふたもとの桃の下を通って、三軒の田舎屋いなかやの前を過ぎるあいだに、十八、九のと、三十みそじばかりなのと
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
年紀とし三十みそじに近かるべし、色白くかおよき女の、目の働き活々いきいきして風采とりなりきゃんなるが、扱帯しごききりりともすそを深く、凜々りりしげなる扮装いでたちしつ。
清心庵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
遍歴へめぐりていづくにか行くわがたまぞはやも三十みそぢに近しといふを
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
車輪のごときおおきさの、紅白段々だんだらの夏の蝶、河床かわどこは草にかくれて、清水のあとの土に輝く、山際に翼を廻すは、白の脚絆きゃはん草鞋穿わらじばき、かすりの単衣ひとえのまくり手に、その看板の洋傘こうもりを、手拭てぬぐい持つ手に差翳さしかざした、三十みそぢばかりの女房で。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
覚えのない三十トランテ四十キャラントをやる、銀行賭博バカラをやる、手持ちの二十万法は、たった三日のうちに、みな指の間からずり落ちて、残ったのがわずか三百法。
Salle Louzet は「三十トランテ四十キャラント」だ。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
三十さんじふぎた病身びやうしんをんならしい、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「まあ、さうなの。ぢや私も言つてしまふわ。私かう見えても真実ほんとう三十ちやうどなのよ。」