“三十年”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんじふ33.3%
みそぢ33.3%
みそとせ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三十年”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 漢詩文 日本漢文学25.0%
社会科学 > 社会 > 家族問題・男性・女性問題・老人問題0.6%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ビールに酔つてくると、彼女の生活から来た習慣で磯村の膝へもたれかゝるやうにしたりしたけれど、もう三十年さんじふを越した彼女としては、前途の不安を感じないではゐられなかつた。
花が咲く (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「君はとしの頃三十年みそぢにやおはすらん。姿形など取立ててしるし置かんもいと無礼なめなれど、我が思ふ所のままをかくになん。色いと白う、面おだやかに少し笑み給へるさま、誠に三歳の童子もなつくべくこそ覚ゆれ。たけは世の人にすぐれて高く、肉豊かにこゑ給へばまことに見上るやうになん。」
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
来て見れば三十年みそとせあまり経にしかど昔ながらにゆらぐみあかし
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)