“三十分”の読み方と例文
読み方割合
さんじつぷん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて銀側懷中時計は、散策さず、卷着けてあるのだから、自分にもかであらう、郵便局つたのが六時三十分で、通懸つたのが
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
の一つ二つ残れる広き所に散りぼひたる長椅子の上には、私より先にや三四人の人、白き団扇を稀に動かしつつを求めてあるを見受け三十分もその一人となりてありひけん。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
東京驛いたのは、まだ三十分ばかり發車のあるであつた。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)