“みそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミソ
語句割合
味噌59.2%
見初18.5%
見外8.3%
見染6.4%
三十1.9%
1.3%
見逸1.3%
見違1.3%
御衣0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ラムネの玉くらいの小さい頭も全部ばりばりみくだいてたべるのである。頭の中の味噌はまた素敵においしいという事になっていた。
チャンス (新字新仮名) / 太宰治(著)
菊太郎君は虎の門で女学生を見初めたのだった。注意を学問に払わないで妙な方面へ向ける。心得が違っているから仕方がない。
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
『まァ、春樹さんじゃありませんか、まァまァすっかりお見外れいたしましたよ、ほんとにお久し振りで……』
蝕眠譜 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「ところで、若樣は、花見船でお糸さんを見染めたといふことを聽いたが、その時お前さんはお供をして居たさうだね」
ゆきまして三十とせあまりいつもいつも
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
これも表現の上から見れば、水中の草葉・瑞々しい葉などを修飾句に据えたものと考えていたのらしい。変った考えでは、みつはは水走で、ぎの水のる様だとするのもある。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
「福田さんでございましたか、ついお見逸れ致しまして相済みません。」
内儀さん、誠に大御無沙汰をして極りがわるくって、んだかうもね……先刻藤助どんにもう申しやしたんですが、り御無沙汰になったんで、お見違れ申すくれえでごぜえやすが
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この時に當りて、その御髮に結はせり。ここに小碓の命、その倭比賣の命御衣御裳を給はり、御懷れていでましき。
ここにその樂の日になりて、童女の髮のごとその結はせる髮をり垂れ、その御衣御裳して、既に童女の姿になりて、女人の中に交り立ちて、その室内に入ります。
すなはちの中にし、弓矢をばして、馬に乘りて出で行きて、忽の間に馬より往きびて、矢を拔きて、その忍齒の王を射落して、またそのを切りて、馬に入れて
ここにその后、あらかじめその御心を知りたまひて、悉にその髮を剃りて、その髮もちてその頭を覆ひ、また玉の緒をして、御手に三重かし、また酒もちて御衣を腐して、全きのごとせり。
ここを以ちて速總別の王復奏さざりき。ここに天皇、に女鳥の王のいます所にいでまして、その殿戸のの上にいましき。ここに女鳥の王にまして、織りたまふ。