“八十神”の読み方と例文
読み方割合
やそがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大国主神はおおせのとおりに、改めていただいた、大神太刀弓矢を持って、八十神たちをちにいらっしゃいました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
八十神大穴牟遅の神を欺いて、赤猪だと言ってまっかに焼けた大石を山腹に転落させる話も、やはり火山から噴出された灼熱した大石塊が急斜面を転落する光景を連想させる。
神話と地球物理学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
八十神様の
未刊童謡 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)