“鳥八十”の読み方と例文
読み方割合
とりやそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうですね、もしお建てになるようでしたら、あの大工にやらしてごらんなさいましよ。あれは広小路の鳥八十お出入りの棟梁ですの。」
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
弁天から上野の辺が誠に綺麗に成りましたこと、それに松源鳥八十などと云う料理茶屋も立派に普請が出来ましたね
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此処らでは鳥八十さんが早いから、彼処へ往って何か照り焼か何かで、御飯を上るのだから色取をして然う云って来なよ、いかえ、御飯はのは冷たいからかいのを三人前に
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)