“信順”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のぶゆき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“信順”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし隠居づきにせられて、おも柳島やなぎしまにあった信順のぶゆきやかたへ出仕することになっていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
抽斎は衣服を取り繕うひまもなく、せて隠居信順のぶゆきを柳島の下屋敷に慰問し、次いで本所二つ目の上屋敷に往った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)