花桐はなぎり
女が年上であるということが、女を悲しがらせ遠慮がちにならせる。時にはどういう男の無理も通させるようにするものである。花桐が年上であるだけに持彦は一層打ちこみ方が夢中であったし、女に対するあらゆる若い慾望のまとも、花桐にあった。甘えて見たり無 …
作品に特徴的な語句
おび あかり おお ゆだ 官人かんにん くい あらた しっか ろう つつ 面伏おもふ 一刻ひととき じっ すべ おさ そむ 宮司みやつかさ こわ おのの すま 神巫かんなぎ はず つまづ 一旦いったん 一隅いちぐう 乞食こじき 事繁ことしげ 二刻ふたとき 何処どこ 何彼なにか 何故なぜ 何時いつ ためし そば つぐな 判然はっきり いや たた 可笑おか つかさど あき すす 唯今ただいま わら うそ うわさ たわ 執拗しつよう 奇蹟きせき うれ まっと 宿直とのい 対手あいて 尋常じんじょう けわ 性懲しょうこ 恍惚こうこつ つつが 悠然ゆうぜん たの 愚昧ぐまい 慮外りょがい 我儘わがまま こば 持彦もちひこ 挨拶あいさつ 放埒ほうらつ あえ うつ 朋輩ほうばい 朦朧もうろう 此処ここ ほとん 毎時いつ くつ かわ 渡殿わたどの 熟々つくづく かゆ 発企ほっき 祈祷きとう とな 稟身うまれつき 種数かずかず やつ はこ 紆曲うきょく 苛責かしゃく しとみ おお 薄葉うすよう 藍玉あいだま