“うなが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.0%
1.4%
0.3%
項懸0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、そうしてようやく内治が調ったと思うと、こんどは国外からの圧迫がひしひしと、この一小国にも、旗幟の鮮明をして来た。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こうして凶作義金は当るべからざる道徳的自信と幸福感とにされて、続々として集まる。
現代日本の思想対立 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)
即ち国民の安寧を保ち秩序を全うし利福をすために、して国家の力独りくすべくして少数の到底為す能わざる性質の事業に、もしくは外敵を防ぎあるいはらす如き方面の設備に使うべきで
三たび東方の平和を論ず (新字新仮名) / 大隈重信(著)
かく歌ひて、すなはちひして四六項懸けりて四七、今に至るまで鎭ります。こを神語四八といふ。