“吹拂”の読み方と例文
読み方割合
ふきはら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如是我聞佛説阿彌陀經松風してのちりも吹拂はるべき御寺樣庫裏より生魚あぶるなびきて、卵塔塲嬰兒襁褓ほしたるなど、お宗旨によりてひなきなれども
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
空模樣は、その晃々して、澄切つてながら、尋常ならずれて、時々むく/\と古綿んだ灰色湧上る。とぽつりとる。るかとふと、びた吹拂ふ。
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
覺悟今更見苦しゝとますはばかりれまづえんとするもはかなし此處松澤新田先祖累代墓所樹木みを吹拂夜風いとゞ悲慘
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)