“其義”の読み方と例文
読み方割合
そのぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太史公く、司馬兵法むに、(三六)閎廓深遠にして、(三七)征伐も、其義す※はず、其文きは、(三八)しくせり。
乳母とピーターとのるを見附けての評語とも、マーキューシオーとベンヺーリオーの猥雜問答反語的したるものとせらる。こゝには後者しとて、其義しておきたり。
「主人、朋友の其義の浅深に可依也、我子に弟の敵者不討也
鍵屋の辻 (新字新仮名) / 直木三十五(著)