“太史公”の読み方と例文
読み方割合
たいしこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と。(一五)せられたる。(一六)太史公く、箕山りしに、其上許由りとふ。
時に宋濂一代の大儒として太祖の優待を受け、文章徳業、天下の仰望するところとなり、四方の学者、く称して太史公となして、姓氏を以てせず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
列伝第七十太史公自序の最後の筆をいたとき、司馬遷はったまま惘然とした。深い溜息が腹の底から出た。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)